廣畑工房

BLOG

和室はフラット?それとも小上がり?それぞれのメリットを考えてみよう!

家づくりコラム

こんにちは!こだわりをたっぷり詰め込んだ家づくりを大工と一緒に実現できる、廣畑工房です。
今日は前回に続いて、マイホームを建てる際の和室の作り方をご紹介!
前回は、和室を作るなら個室タイプがいいか、それともリビングの続き間タイプがいいかについてお話ししました。
今日は、リビング横に畳コーナーを作る際。畳コーナーの高さは小上がりがいいのか、それともリビングとフラットに繋がるタイプがいいのかについて考えてみましょう。

▶︎リビングからの続き間は、フラット?それとも小上がり?

例えば、リビングの隣にフラットでつながる畳コーナーを作るメリットには次のようなものがあります。

<フラットに繋がる畳コーナーのメリット>
・掃除がしやすい
・段差がないから、赤ちゃんを寝かせるときも安心
・リビングを広く使いたいときにも◎

また、リビングの隣に小上がりの畳コーナーを作るメリットには次のようなものがあります。

<小上がり畳コーナーのメリット>
・畳下を収納に使える
・床の高さを変えることで空間を仕切れる
・ちょっとしたベンチとして使える

どちらもそれぞれいいところがありますよね。
もしも「ちょっと畳があればいいかな」くらいの気持ちなのであれば、個人的におすすめなのは、リビングとフラットに繋がる畳コーナー。
お掃除ロボットも使えますし、安全面でもメリット大。
また、将来介護が必要になったときのお部屋として考えているなら、車椅子などの出入りしやすさという点でも、段差がない方が◎。

ぜひ、マイホームに和室や畳コーナーを作る際には「その空間をどう使いたいか」をまずは考えてみてくださいね!
わからなくなったら、気軽に廣畑工房にご相談を!一緒にベストな形を探していきましょう♪
 

Category

New Post