廣畑工房

BLOG

在来工法の家づくり、大工目線から見た良さとは?

家づくりコラム

こんにちは!御前崎・牧之原・菊川で大工が作る家づくりをお届けしている廣畑工房です。
自社大工がプランニングから実際の建築工事まで一貫して手がける廣畑工房では、木造軸組工法(在来工法)と呼ばれる家づくりをしています。
今日は、この木造軸組工法(在来工法)について、どんなものなのか、そしてどんなふうに家づくりが進むのか、ご紹介してみましょう!

▶︎そもそも木造軸組工法(在来工法)って何?
木造の家づくりで取り入れられている工法には2つあります。
1つが、今日お話しする木造軸組構法(在来工法)。もう一つがツーバイフォー(2×4)工法です。

簡単に言ってしまえば、木造軸組構法は日本で古くから取り入れられてきた建築方法。
柱と梁を使って建物を支える仕組みです。

▶︎大工から見た木造軸組工法(在来工法)の良さ

家づくりの技術は日々進化しています。
そんななかでも木造軸組構法がずっと使われ続けてきたのには訳があるのではないでしょうか。
例えば、将来のリフォーム。例えばメンテナンス。将来間取り変更や増築・減築をするときにも木造軸組構法なら対応しやすいという特徴があります。

大工目線で家づくりを考えてみると、やっぱり木造軸組構法は家づくりに良い方法だなと感じています。

色々な家づくりの技術、聞いてみたい!という方は気軽にお打ち合わせの際に質問してみてくださいね!

Category

New Post