廣畑工房

BLOG

大工の家づくりアドバイス〜クローゼット収納はサイズと可変性を考えよう〜

収納について

こんにちは!御前崎・牧之原・菊川で大工が作る家づくりをお届けしている廣畑工房です。
廣畑工房の家づくりの特徴の一つが、充実した収納計画。賃貸暮らしの頃って、結構「物が片付かない!」なんて悩みを抱えること、ありますよね。
せっかく家を建てるなら、収納も充実したものにしたいという方に…。今日は大工から収納プランのアドバイスをさせていただきます。

▶︎クローゼット収納を作るときに考えるべきポイントは?

例えば、寝室のウォークインクローゼットやファミリークローゼットを作るとき。
廣畑工房では造作の収納棚を使ったプランをご提案しています。

クローゼット収納を作るときに考えておきたいポイントは、主に2つ。
ズバリ「サイズ」と「場所」です。

サイズとは、収納の大きさや広さではなく、棚板と棚板の間の幅のこと。
例えば、クローゼットの棚の中に横幅30cmのカゴを入れたい場合と、横幅25cmのカゴを入れたい場合には、ぴったり収納できる幅は当然変わってきますよね。

棚板の高さを変えられる可動棚にする際にも、横幅はお使いになる収納アイテムに合わせて計画しておくといいでしょう。

「使う収納アイテムは特に決まっていない」という方には、廣畑工房がおすすめの安くてサイズのバリエーションも豊富な収納グッズをご紹介させていただきます♪
ぜひ、打ち合わせの時に聞いてみてくださいね♪

もう一つ、考えておきたいのが収納の場所!
せっかく収納スペースを作っても、使う場所から遠かったりすれば、収納するのが面倒になってしまいます。
使う場所のすぐ近くに収納スペースを作ってあげるのが、片付いた家づくりのポイントです。

例えば、洗面台と室内干し空間のすぐ隣にクローゼットを作れば…。
乾いた洗濯物は、畳んですぐに収納。使うときも、洗面台のすぐ隣なら、さっと取り出せて便利です♪

▶︎ハンガーポールも可動式に♪

もう一つ、最近お客様との打ち合わせで「これは便利だ!」と閃いたのが、ハンガーポールを棚板の下につけること。
クローゼットの棚板は、上下動かせるようになっているのが一般的。その一方で、ハンガーポールはなぜか固定されていることが多かったのですが、棚板の下にハンガーポールをつければ、高さの調整も自由自在に♪

上の段にシャツを、下の段にパンツなどのボトムス類をかけても◎
お子様用クローゼットなら、お子様の身長に合わせて使いやすい高さにハンガーポールを移動させられます。

これからの廣畑工房の収納プランのスタンダード仕様にしよう!と密かに思っています。

こんなふうに、廣畑工房ではお客様との打ち合わせを重ねながら、より良い収納プランを一邸一邸カスタマイズいたします。

大工と一緒に作る家づくりで、最高に使いやすいマイホームを一緒に目指してみませんか?

Category

New Post