廣畑工房

BLOG

断熱の良さで冷房の効きやすさも変わる?夏こそ違いが分かる断熱性能

家づくりコラム

こんにちは!御前崎・牧之原・菊川で大工が作る家づくりをお届けしている廣畑工房です。

梅雨が開ければ、季節は本格的な夏!御前崎で釣りやサーフィンを楽しまれている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
外で過ごすときはもちろんのこと、家の中でも熱中症対策を万全にして、夏を楽しんでくださいね(^^)

さて、話がそれてしまいましたが…今日の本題は、暑い夏も快適に過ごせる住まいについて。
冬の暖かさばかりが気になりがちな断熱性能が、実は夏の涼しさにも影響してくるとご存知ですか?

▶︎断熱性能が夏の過ごしやすさにも貢献!

断熱性能にもこだわりありの廣畑工房。実際、断熱をしっかりしているお家では、夏場エアコンをつけたときの冷房の効きやすさが段違いに変わります。
外の暑い空気は、開口部(窓やドア)から家の中に入ってきます。
そのため、窓を二重ガラスのLow-Eガラスにするのはまず基本。加えて、夏の熱い日差しが窓から室内に入らないために、アウターシェードや軒などを作っておくといいでしょう。

「部屋のカーテンを閉めれば日が入らないのでは?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

実は、暑い空気は室内に入ってしまってからでは冷やすのが大変!効率的に涼しさを保つには、家の中よりも外で日差しをシャットダウンした方がいいでしょう。
断熱性の高い家を作ったとしても、エアコンを頻繁に使う夏場。
電気代が気になる・・・という方は、太陽光発電に加えて蓄電池を使えば、夜間の電気代も抑えられます。

性能を高めれば、マイホームライフの過ごしやすさだけでなく、家計にもいいことがあるんですね♬
そんな家づくりをしてみたいという方は、お気軽にご相談くださいね(^^)

Category

New Post