廣畑工房

WORKS

木をふんだんに使った薪ストーブのある家

無垢材をふんだんに採用し、木の温もりを感じるK様邸。
天井と床には杉材を、壁は漆喰仕上げにした自然素材の家です。無垢材や漆喰壁は、調湿効果があり、湿度の高い夏場も快適に過ごすことはできます。また、保温効果のある無垢材を床に採用しているため、寒い冬も足元の冷えを気にすることなく過ごすことができるんですよ。

吹き抜けリビングに取り付けた薪ストーブは、防火のための床と壁のタイルをストーブと同じモノトーンカラーに統一し、シックな雰囲気を演出しています。

また、リビングに使っている柱は「変わった柱を使いたい!」というご要望を受けご提案した磨き丸太。
一般的な四角い柱とはまた違う、存在感が素敵です。

キッチンカウンターには無垢材の一枚板を。壁付けキッチンの作業台としても、お子様の勉強コーナーとしてもお使いいただける場所となっています。

造作のテレビボードは、室内の雰囲気に合わせて制作しました。

薪ストーブの暖かさを家中に届けるために、リビングは吹き抜けに。
暖かい空気が上へ上へと流れる特性を利用して、1階の暖房で2階までしっかりと温める間取りになっています。

2階吹き抜け空間の周りに作った回廊は、下からの暖気を効率よく2階に届けるためにスノコ構造に。
木の張り方にも細かいこだわりがあるんですよ。

トイレの洗面台も造作です。ご家族の暮らしにフィットする家具が実現できるだけでなく、好きなデザインにすることができるのも造作家具の醍醐味ですね。

New Post